fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 自分がどうしたいのかわからない  >  自分の本音がわからないあなたへ

自分の本音がわからないあなたへ

余膳 祥子 余膳 祥子

こんにちは

 

余膳祥子(さちこ)です

 

 

自分がどうしたいのかわからない

本当はどう思っているのか知りたい

 

 

あなたはこう思う事ありますか?

 

 

もし当てはまるなら

 

 

自分の感情を

ちゃんと感じられているかが

大切なポイントですね

 

 

 

特に<怒り>の感情を

感じられているかどうか・・・

 

 

 

自分がどうしたいのかわからない

自分の感情も

あっているのかわからないと

 

コースを始められた

Kさんもそうでした

 

 

 

最初は怒りを認めることにさえ

すごく抵抗があったんですよね

 

 

でも

こころを丁寧な感じていくと

誤解が解けて

 

 

ある時から

感情と繋がり始めた時

 

 

『怒りや感情を出すことは

人にぶつけることではないとわかって

安心しました』

 

と言われたことがあったんです

 

 

image

 

 

そうなんです

 

感情を出すということは

誰かにぶつけることでもないし

誰かを責めることでもないんです 

 

 

誤解してる方多いと思う

 

 

そもそも

感情は自然現象

 

止めようとする方が不自然です

 

 

 

感情を感じることは

誰かにわかってもらうためではなく

 

 

自分が自分を

わかってあげるためのもの

 

 

自分の感情を

取り扱ってあげられてこそ

本当の自分でいられるようになるんです

 

 

 

 

感情を感じられていないと

怒っていることにさえ 

気づいていなかったりする

 

 

 

すると外側の何かを見ては

違和感を感じたり

 

 

いつも同じタイプの人に

イライラさせられることが起きるんですね

 

 

それって

実はあなたの中にある

解放されたがっている感情が

 

 

外の世界を通して

あなたに気づいて

もらいたがっているサインなんですよ

 

 

 

気づいて欲しがっている感情は

過去からカタチを変えて

持ち続けているもの

 

 

紐解いていけば

根っこは

幼い時につながるでしょう

 

 

image

 

 

幼い時に 

怒りや感情を出して

 

嫌な思いをしたのかもしれないし

 

怒られたのかもしれない

 

感情を露わにしている人を見て

あんな風にはなりたくないって

思ったかもしれない

 

 

そうすれば

怒りや感情を出すことに

嫌悪感を感じるのも無理ありませんよね

 

 

 

あんな嫌な思いをするのなら

<もう感情なんて感じない>って

無意識でこころに蓋してしまうんです

 

 

 

解放されなかった感情は

いつまでもこころの中に残って

モヤモヤザワザワとなってしまう・・・

 

 

 

でも本当に

自分がどうしたいかわかりたいなら

 

自分のこころと繋がらないとね

 

感情の出口は一つです

風船の中にいろんな感情があるイメージ

 

どれかだけ

器用に出すことは難しいのです

 

 

ということは

怒りやネガティブな感情を

否定したり隠そうとすると

喜びや楽しさもわからなくなるんです

 

 

そうすれば

自分が何を感じているのか

わからなくなるし

 

本当はどうしたいのか

わからなくなってしまうのも

わかりますよね

 

 

 

先ほど書いた

クライアントさんも

 

 

始めはやっぱり

自分の中に怒りがあることも

感じられませんでした

 

 

 

でもセッションを重ねると

今ここの安心にこころが緩んで

本当の自分と繋がられるようになっていかれて

 

 

自分の感情をちゃんと感じたいという

強い想いが彼女を変えたんです

 

 

ある時から 

あんなに思い出せなかった

 

 

幼いころからの

いろんな事を思い出して涙が流れ出しして

 

 

幼い時に本当は

感じたかった感情を

しっかりと感じ始めらたんですよね

 

 

それは

怒りというか

本当は言いたかった想いです

 

 

感じることができると

温かい涙が流れるんですけど

 

それが本当に心地いい

 

 

その温かさが

本来のあなたです

 

 

 

エゴさんの予想では

自分と繋がって 

感情を出すということは

 

 

怒りやドロドロしたものが出て

とんでもないことになると

思っていたんでしょうね

 

 

 

 

でも 現実は

感じれば感じるほど

 

自分の中に

安心と穏やかさが戻ってくるんです

 

 

感情を出すという事は

自分と深く繋がって

安心と穏やかさの中に包まれること

 

 

 

これは頭で考えていても

たどり着けない体験なんだなあ

 

 

こころが安心してこそ

こころが自由になって

 

自分がどうしたいのかわかるものです

 

 

答えはいつも自分の中

 

 

あなたが本当の自分と繋がって

ありのままで自由に

この人生で

本当にしたいことを愉しめますように☆

 

 

 

愛と勇気を込めてキラキラ

 

祥子

 

 

 

余膳祥子がお届けするメルマガ

 
≪自分の本当の声を聴くためのこころのレシピ≫

【本当にしたいことを見つけるための5つの秘訣】

プレゼントしています!

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

イベント開催情報・セラピーメニューは

こちらからどうぞ!

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー®

リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

floweringセラピー®は あなたの愛の扉を開きます

 

 

 

 

おすすめ記事

この記事を投稿したセラピスト:
余膳 祥子
余膳 祥子

コメントは受け付けていません。

ページトップへ