fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 言いたい事が言えない  >  <人が怖い>を克服したい

<人が怖い>を克服したい

余膳 祥子 余膳 祥子

こんにちは

余膳祥子(さちこ)です

 

 

先週末は

floweringセラピー®のリトリートで

清里の清泉寮にいました

 

 

清泉寮の歴史は古く

 

戦後の復興に尽力された

ポール・ラッシュ博士の

「己のように隣人を愛しなさい」

という理念が礎となって

 

 

今も息づいているのを

至るところで

ひしひしと感じられるんです

 

 

大自然にも囲まれて

そこにいるだけで癒される

 

そんな素敵な場所ですから

 

 

いつも以上に

癒しがおきるのも納得ですよね

 

 

今回も本当に素敵な時間でしたキラキラ

 

 
 

 

こころのことを

みつめようとされる方は

やはり繊細です

 

いろんなことに敏感で

 

人が怖い

集団が苦手という方も多いですね

 

 

それでも

お一人の勇気ある行動や発言が

 

 

誰かの

安心や勇気に繋がって

 

 

参加されている皆さんの

癒しが増していくのを感じられます

 

 

最終日の場の空気感は

ポワンと柔らかいけど

力強い温かさを感じられて

 

毎回その瞬間が

待ち遠しいんです

 

 

・・・と言いながら

 

私自身

実はリトリートは苦手でした(苦笑)

 

 

みんなは涙を流していても

自分一人

涙も全然流れないし

 

 

 

集団なんて苦手!

一人でいるのが好き!

と思っていたから

 

 

なのに今はなぜ!?(笑)

 

 

私の魂は中々のチャレンジャー

 

 

自分を変える為には

なんでもしてやる!

という意識がものすごくて

 

 

決めたことを諦めない強さが

ここまで自分を変えてくれたんだと

今は実感しています

 

 

私はどうして

感じられないんだろうと悔しくて

 

もっと

ありのままの自分で

いられるようになりたくて

 

 

セッションとリトリートの参加を重ねたら

変化のスピードが

格段にアップしましたね

 

 

集団が嫌

一人でいたい

 

そんな自分をありのまま受けいれて

ジャッジせずに一緒にいたなら

 

 

人がこんなに怖いと思っていたんだなあって

改めて深いところから感じられたんですよね

 

 

あまりに人が怖いと

 

 

感情は感じにくくなるし

集団が苦手!

私は一人でも平気だもん

なんて強気に出て

 

 

本音を見られないように

していたんだなって

 

今ならわかります

 

 

そんなことも

紐解いていくと

 

 

やはり

過去の経験が

影響しているんです

 

 

私も学生時代は

いじめられたり

何ヶ月も学校で誰とも

話さないこともありました

 

 

正直な自分でいると

トラブルになって

私一人 対 十数人と

話し合いになったこともあったなあ

 

 

その度に

もう正直な自分は出さない!って

殻にこもりましたね

 

 

人は怖い!って

カチコチになっていきました

 

 

それでも

こころを見つめようと思ったのは

 

表層の意識とは違うところが

 

人が怖いと こもらないで

それは本当の自分じゃないよと

 

内側からノックして

私を動かしてくれたんだなと思います

 

 

そしてさらに紐解けば

幼い時にたどり着きます

 

 

幼い時は

無邪気ですよね

 

 

ありのままの自分を表現して

 

意味も分からず

怒られたり

注意されたり

 

傷ついたこともあったでしょう

 

どうして良いかわからず

自分を責めて

気持ちを収めようとしたり

 

 

こころに蓋をして

自分を誤魔化したり

隠すことで自分を守ってきたでしょう

 

 

でも・・・

という事は・・・

 

 

 

もっともっと根本のはじまりは

人と一緒にいたかったし

仲良くしたかったということですよね

 

それが上手くいかずに

怖くなってしまったんです

 

そんな自分に

まずは気づいてあげてくださいね

 

 

それだけでも

こころがスーッと

軽くなる方もおられます

 

 

 

人が怖い

集団が苦手

 

 

幼い頃から

人とうまくいかないのは

自分が悪いからだと責めたなら

 

 

きっと

そんな自分を好きには

なれなかったと思います

 

 

外側の世界は

自分の内側の鏡ですから

 

 

それを映し出す

自分を責めるような人が

現れたでしょう

 

 

でも鏡は変えられます

 

 

 最初のポール・ラッシュ博士の

「己のように隣人を愛しなさい」

という言葉でいうなら

 

 

人が怖い自分を

変えようとするより

 

 

まずは

自分へたっぷりと愛を注ぎましょう

 

 

そうすれば

外側の鏡も自然と

変化していきますから

 

人が怖いという想いは

自然と消えていきます

 

もう自分に正直になっても大丈夫

 

 

どんな自分も愛される

そんな体験していきましょう♪

 

 

愛と勇気を込めて☆彡

祥子

 

 

余膳祥子がお届けするメルマガ

 
≪自分の本当の声を聴くためのこころのレシピ≫

【本当にしたいことを見つけるための5つの秘訣】

プレゼントしています!

詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

イベント開催情報・セラピーメニューは

こちらからどうぞ!

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー®

リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

floweringセラピー®は あなたの愛の扉を開きます

 

 

 

 

おすすめ記事

この記事を投稿したセラピスト:
余膳 祥子
余膳 祥子

コメントは受け付けていません。

ページトップへ