fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 言いたい事が言えない  >  人と一緒にいること

人と一緒にいること

糸田縁 糸田縁

今、日本は3組に1組が

離婚するんだそうですね



私の周りにも「諦め」や「子供のため」と

一緒にいるご夫婦が多くいました

そして、私もそう思っていました…(^^;






パートナーはお互いの心の「傷」を映し出す

最高の「鏡」と言われています



それだけに苦しいけれど

越えて一緒にいることができたなら

嬉しいですね



クライアントのMさん

職場で気になっている男性とランチ時に

二人きりになる機会がありました



「食事どうしますか?」と聞いたMさんに

彼が「どうしたい?」と

聞いてきたそうなんです



Mさんは「じゃあいいです!」とひとりで

ランチに行ったそうなんですね



Mさんは彼の「どうしたい?」を

〈Mさんの持つ観念〉から翻訳したんです

「行きたいならいこう!と言うはず」

「私と行きたくないんだ!」




似たようなことを私もしていたな~と思います

旦那さんと話していても

旦那さんの本意をわかろうとするよりも


「わかってもらえない」

「大切にされない」

「愛されない」の観念が

無意識のベースにあって


「私の望んだ答え」以外が返ってきたとき

「もういい!」と扉を閉め

「やっぱりね…」と怒っていました




話を聞くとか相手を理解するの前に

自分の持つ観念から解釈をして傷つき

怒り諦め、守るために扉を締める



『全て私の中だけで起こってるんです』



旦那さんがヒドイと思っていたけれど

自分の持つ観念を紐解いて昇華しない限り

相手を変えても同じことをしてしまいます




それでは

人と一緒にいて幸せでいることはできません

 





上記のMさんであれば

「どうしたい?」と聞かれたとき、なぜ

「行きたい」と言えずに扉を閉めたのでしょう


ニーズをハッキリ伝えて断られたら

何を感じるのでしょう?

その奥にどんな観念があるのでしょう?

それを見ていく必要があります



それは

ニーズを伝えて断られた過去の「痛み」に

繋がることになります


その「痛み」をしっかり観ることで

痛みから守るための「諦め」や「怒り」の

《心の反応》と《真実》は違うことに

気付いていきます




それをしない限り

独自の観念のフィルターごしに人と接する

ことになります



自分がフィルターごしに人に向き合うなら

相手も同じくあなたに向きあうでしょう

 

「類は友を呼ぶ」波動の法則です

複雑でわかり合えないですね

 






人と親密な関係を築きたいなら

自分の観念のフィルターに気付き

フラットな状態で相手の言った言葉を受け取り

わからなければ素直に聴くことが大切です



そうやってはじめて人との

コミュニケーションがとれるんです




人と一緒にいるには

自分の頭の中の考えに囚われて

観念や思考と一緒にいるんじゃなくて

目の前の人とただ一緒にいるってことです



今ここに一緒にいる

有限の時間の中で共に在る

その奇跡に感謝して相手といるとき

人と一緒にいる悦びを知ることができます

温かさや信頼、愛を感じるでしょう




そして、相手を通して自分の持つ「観念」に

気付き、感情の「傷」を越えられたなら

ヒドイと思っていた相手が感謝に変わります



そんな風に「人と一緒にいる」

新しい体験をしてほしいと思っています♡

 



糸田 縁(ゆかり)

 

 

*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。

 
 
♡メルマガはじめました♡
 
『欲ばり女神♡幸せのレッスン』に
 
登録頂いた方に
 
【ずっと愛される私でいるための7ステップ】を
 
プレゼントします♪
 
 
登録はこちらから ↓ ↓
 

詳細はこちらをクリック

 
 
  
 

 

 

 

 

floweringセラピー®は

あなたの愛の扉を開きます

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー®

リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

 

おすすめ記事

この記事を投稿したセラピスト:
糸田縁
糸田縁

コメントは受け付けていません。

ページトップへ