fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 自分軸を育てる  >  優しい香りを求めて『さいはて』へ行ってきました!

優しい香りを求めて『さいはて』へ行ってきました!

こころ愛結 こころ愛結

先日、

石川県の奥能登を車で旅してきました

 


訪れたのは、2015年に公開された

永作博美さん主演の映画

“さいはてにて ーやさしい香りと待ちながらー”

の舞台となった『木ノ浦海岸』

 

 

劇中に出てくる「ヨダカ珈琲」の船小屋を

見たかったのですが

残念ながら、こちらは数年前に

壊されてしまったようでした

 

(こちらが壊されてしまった船小屋「ヨダカ珈琲」 写真はネットからお借りしました)

 

 

「ヨダカ珈琲」のモデルとなった

『二三味(にざみ)珈琲』の焙煎小屋では

ちょうど焙煎が行われていて、

コーヒーの優しい香りに癒されました

 

 

焙煎小屋の隣には

素敵なカフェが併設されています

 

(こちらがカフェ)

 

この日は定休日で

店内でコーヒーをいただくことはできなかったのですが

おかげで観光客がいなくて

目の前に広がる静かな海を二人占め!

 

 

打ち寄せる波を、

ただただ静かに眺めていられました

 

 

帰宅して、さっそく映画を観なおしました(^^♪

暖かな余韻の残る、後味の良い映画です

 

 

主人公の永作博美演じる みさきは、

ある日、幼い時に生き別れた父の

行方不明を告げられます

 

 

父が残したのは、今にも崩れそうな船小屋と借金

 

 

それでも、みさきは

幼い頃の父の優しい面影だけを頼りに

父の残した崩れかけた船小屋を改装して、

焙煎珈琲店「ヨダカ珈琲」を開業し

父の帰りを待つことにするのです

 

 

佐々木希演じる えりこは、

二人の子供のシングルマザー

 

 

幼い子供を置いたまま

金沢まで仕事に行っては

家を空けることもしばしば

 

 

そんな二人の女性が、ある事件をきっかけに

心を通わせていきます

 

 

みさきの佇まいが、凛としていて

ニュートラルで素敵なんです(^^♪

 

 

この映画では、『待つ』シーンが印象的です

 

 

映画序盤では、

・幼い子供が母親の帰りを不安げに待つ姿

・シングルマザーが客からの返信を待つ姿 等

心もとなくて、

不安を掻き立てられる様子が描かれていますが

 

 

人と人が支え合い、心を通わせることから

安心して『待てる強さ』が育まれていく様子が

丁寧に描かれていきます

 

 

待っていてくれる人がいるからこそ

「ただいま」って言える幸せ

 

 

「ただいま」って言えるってことは

居場所があるってことですもんね

 

 

助け合い、支え合い

心を通わせる人々の温かさが

ジンジン響く映画です(o^―^o)ニコ

 

 

映画のロケ地を巡る旅

クセになりそうです

 

 

こころ愛結 (o^―^o)ニコ

 

 

こころ愛結のメルマガ

『自分らしく恋愛するための7ステップ』

プレゼント中

登録はこちらから↓↓

 

 

 

 

floweringセラピー®は

あなたの愛の扉を開きます

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー®

リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

この記事を投稿したセラピスト:
こころ愛結
こころ愛結

コメントは受け付けていません。

ページトップへ