fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 言いたい事が言えない  >  人に素直に甘えられますか?

人に素直に甘えられますか?

余膳 祥子 余膳 祥子

こんにちは

 

愛と勇気のメッセンジャー

余膳 祥子です

 

 

 

いろんなところから

梅の便りが届いてきますね

 

 

春はもうすぐ♪

 

 

 

 

先日のこと 友人が 

共通の知人からわたしへと

預かってくれたものがありました

 

 

 

友人は東京

私は大阪だから

 

 

預かったものを郵送してくれるって・・・

 

 

申し訳ないなあ

いいのかな

 

 

「いつも 結局甘えてばかり ありがたすぎる」って

メッセージを送ったら

 

 

 

友人が

「これは甘えにはいるのかな?お互い様だよ〜」って

返事をくれました

 

 

 

 

あれ!?

甘えじゃないの

甘えてるよね・・・と思っていた時

 

 

 

 

とっても馴染みのある

ザワザワに気がついたんです

 

 

 

 

そうそう

 

甘えるとか

お願いするとか

何かをしてもらうってことに

 

 

いつもザワザワして

 

あ〜また人に甘えてしまったあ

 

こんな私はダメダメ人間だあって思ってました

 

 

そして

相手が快く思っていないに違いないって怖くなる

 

 

まだそのクセ残ってたんだな^ ^

 

 

 

あなたはどうですか?

 

 

人に頼るとか

甘えるとかできますか?

 

 

お願いする時 相手の反応が怖くって

 

過剰に遜ったり

ごめんねって付け加えたり

 

 

何か返さなきゃって

思ってしまったりしませんか?

 

 

私も だいぶ緩んで

ダメダメと無意識に自分を責めなくなったけど

 

 

まだ反射的に緊張してしまう時があるんですよね

 

 

カラダが強張る

 

 

強張るカラダに

寄り添うと

やっぱり幼い時の感情が蘇ります

 

 

 

 

私は3人姉妹の末っ子

姉とは年が離れているし

元々ゆっくりなタイプな私は

 

 

どうしても

人に助けてもらうことが多くて

 

ごまめ扱いされることが多かったんです

 

 

 

そんなつもりはなくても

結果的に人に助けてもらうことが多くて

 

 

 

年齢が違うとはいえ 同じ子供だもの

 

姉は嫉妬しますよね

 

 

すんなり甘えてしまえる私が

疎ましかったのでしょう

 

 

「甘えるな」

「自分の都合ばかり考えるな」

「自分のことばかり」って

 

ことあるごとに私を責める

 

 

言葉だけでなく

実際に暴力もあって本当に怖かった

 

 

 

言い返せなないし 怖いし

 

攻撃されるのは 

私がダメだからなんだって

自分を責めることで納得しようとしたんです

 

 

 

家族が庇ってくれてたとしても

それを理由にさらにヒートアップ

 

 

何をしても私を

許せなかったんですね

 

 

怖いから

攻撃されないためにはどうしようって

幼いわたしは一生懸命考えた

 

 

 

その結果

 

 

目立たないように

出しゃばらないようにしよう

 

それが安全なんだって思うように

なったんですね

 

 

無意識に

でしゃばらないことが安全と沁み込んだら

誰といても自分を隠すようになって

 

 

 

人にお願いするなんてダメ

本当は怒っているかもしれないからって

いつも ビクビク

 

 

ダメな私は攻撃されるよって

頭はいつも囁いてる

 

 

だから人に甘えちゃダメ・・・

 

 

さて ここまで読んでいただいた青文字の部分

 

これが私のストーリー

 

 

 

 

私の中のエゴさんが

私を守るために ずっと持ち続けている観念です

 

 

このストーリーを

持ち続けている限り

自分らしく生きることはできません

 

 

頭でそうなんだ

これがストーリーだから手放そうと

思ってもできないんですよね

 

 

 

カラダの強張りには

怖れの感情が沁みついているから

 

 

 

手放す方法は一つ

 

 

今の自分が寄り添って

沁みついた感情を出してあげること

 

 

 

感情を感じ切ったら

自然と変化がおきていきます

 

 

だけど また 攻撃されるかもと思っていたら

感情って素直にはでてきてくれません

 

 

誰にも攻撃されないんだって

安心できる場所が必要なんです

 

 

 

それが『今ここ』という場所

 

 

過去でも未来でもなく

今この瞬間にいてこそ

 

 

安心して 本当は言いたかった

感情が自然と溢れてくるから

 


それだけで

現実でも変化が起こっていきます

 

 

 

 

傷が深い観念ほど

一度では拭えず

何度もやってくるかもしれないけど

 

 

その度に 今の自分が しっかり感じて 

 

もう大丈夫なんだよって

新しい体験をしていくことで

自分のストーリーは手放せるのです

 

 

最初はエゴさんが 強力に守ってくれているから

 一人で気づこうとしても

いつものくせに戻ってしまうんですよね

 

 

 

だからこそ

今ここという安心の場所をつくり

サポートできるセラピストが必要なんです

 

 

 

残りの人生

ストーリーを手放して

自分らしく自由に生きたいのなら

 

 

私たちに逢いにきてくださいねキラキラ

 

 

 

ストーリーを握りしめているかぎり

自分らしく生きることはできません

 

 

 

私も人にお願いしたり

甘えてしまうこと怖かったけど

 

 

怖さを感じて手放すことを繰り返すうちに

 

 

もう過去のことなんだあって

思えるようになりました

 

 

 

今回も まだあったって 

怖さに気づいて 感じて 手放して

 

 

「ありがとう」って素直に伝えると

 

 

相手からは責められるどころか

「どういたしまして」って笑顔が返ってくる

 

 

ほらっ 

もう誰にも責められないよって

怖がる自分に

新しい体験をさせてあげることができました

 

 

そんな現実の変化を体験中♪

 

 

 

あなたの握りしめている

ストーリーは何ですか?

 

 

もう過去に惑わされず

今ここにいて 気づいて 感じて 手放して

 

 

誰がなんと言おうと

自分を大切にできる力を育てましょう

 

 

せっかく生まれてきたんだから

 

正直な本音を言えるあなたが

自分らしく 自由に ありのままでいられますようにドキドキ

 

 

 

 

愛と勇気を込めてキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

ブログ 「自由に羽ばたくためのこころのレシピ」

https://ameblo.jp/coeur-recette/entrylist.html

 

HP 「coeur de recette(こころのレシピ)」

http://coeur-de-recette.com/

 

 

 

 

 

floweringセラピー® 

イベント最新情報はこちらからどうぞ

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー®

リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

この記事を投稿したセラピスト:
余膳 祥子
余膳 祥子

コメントは受け付けていません。

ページトップへ