fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > ありのままの自分を生きる  >  両親から「自立」すること

両親から「自立」すること

糸田縁

先日 長期コースでfloweringセラピー®️に

取り組んで下さっているMさんの

ラストセッションでした




少し前にMさんからこんなメッセージを

頂きました



『この頃「心の芯」の流れが太くなった様に感じています。
感動してすぐ泣いちゃうけど、「嬉しい」が深いし「楽しい」も深いです。
「生きてる」実感があって、とても心地いいです。』







彼女は

資格を生かして社会的に自立していましたが

「NO」を言うことができずに

いつも自己犠牲をして人に合わせていました




人を優先していつも自分は後回し

周りとは上手くやっていけるけど

生き辛さやイライラ 不満を抱えていました




お付き合いする彼との間でも いつも合わせて

彼の下になっていたんです





あなたはそんな事はありませんか?



 


彼女が初めてセラピーを受けた頃

「怒り」を感じることを怖がっていました


「怒ったらいけない!」




「怒り」は他の感情の蓋の役割りを

していることが多いのです



つまり、「怒り」を感じないことで

その下にある悲しみ 寂しさ 怖れ 惨めさ 痛み

などの他の感情を感じたくない  みたくない




「怒り」を抑圧することで

感じるには辛すぎるその感情たちから

自分を守っていたのです




それは、幼いときからずっとしていたはずです


 



一番はじめの「怒り」の矛先は

生まれて初めて出会う「人」

両親に向きます



「欲しいものが得られなかったとき」

「欲しくないものが与えられたとき」に

怒りは生まれます




その時「NO」が言えずに我慢することで

怒りのエネルギーが身体に溜め込まれます





しっかりと「怒り」を感じ

怒りのエネルギーが身体から抜けると





『「NO」を言うことができずに

いつも自己犠牲をして人に合わせる』ことを

しなくなるんです

 






一番はじめは誰に合わせて

自己犠牲をしていたと思いますか?


 


これも「両親」になります




両親への怒りをしっかり認めて 感じて

両親が望む「私」でないとしても

両親の期待に「NO」を言って

「わたしはわたしを生きる」をすること




親を悲しませてしまう

期待に応えないと嫌われる

認めてもらえない

そんな頭の声があったとしても




期待に応えようとせずに、自分の想いのままに

自分を生きることが「両親からの自立」です

 


そうやって自分を大切にし愛して


しっかり自立した先に、不思議なことに

両親からの「愛を素直に受けとる」ことが

できるんです

 




両親への怒りの抑圧があるときは

愛を受け取ることができないんです



「そんなの愛じゃない!」

「愛なんて認めない!」と拗ねて

 

「愛」にファーカスできません

 

 

 

それを大切な人との関係性の中でも

しているんです

 

 



Mさんも両親に対しても、彼に対しても

ほんとうは愛されていても

愛を受け取ることが出来ませんでした



だから

愛されないと感じる現実ばかりを観て

傷ついていました





でもこれからは

「愛されない」が「愛されてる」に

パタパタと変わっていくでしょう♡





「私は愛されてる」

そんな現実が目のまえにみえるとき

ご両親から自立したことになりますよ






もし「愛されない」と思う現実をみるなら

両親との間にある絡まった糸をほどき

真の自立をしていきましょう(^-^)




愛を込めて♡



糸田 縁(ゆかり)

 

 

*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。

 
 
♡糸田縁のメルマガ♡
 
『欲ばり女神♡幸せのレッスン』に
 
登録頂いた方に
 
【ずっと愛される私でいるための7ステップ】を
 
プレゼントします♪
 
 
♡こちらをクリックしてね♡
    ↓ 
 
 

 

 
 
  
 

 

 

 

 

floweringセラピー®は

あなたの愛の扉を開きます

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー®

リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

 

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

ページトップへ