fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 自分軸を育てる  >  素敵女子♡大人の教養

素敵女子♡大人の教養

糸田縁
私たちは今までたくさんのことを学び
 
知識を得てきました
 
 
 
 

でも、一番必要で大切なことを

私たちは知らずにいたと思うのです

 

 

それは

「自分の感情の責任」を知ることです

 

 

学校でも家庭でも社会でも教えられていない

「自分の感情の責任」について今日は書きますね

 

 

私たちの悩みの多くは「人との関係」

じゃないかと思います

 

 

なんで、そんなこと言うの?

あの人とは合わない!嫌い!

非常識!!

 

なんて、よく聞きます

 

私も言ってましたね〜(^^;

 

 

 

そして

合わない、嫌い、非常識と思われたくなくて

ほんとうの気持ちが言えなかったり

気を遣いすぎて疲れてしまったりするんじゃないでしょうか?

 

 

 

怒ったり、怒られたり

嫌ったり、嫌われたり

 

忙しくて疲れちゃいますね(^^;

 

 

でもこれは

「自分の感情」を人のせいにしているのと

「人の感情」の責任を取ろうとしていることに

なるのです

 

 

できる事をせずに

できない事をしようとしているのですね

 

これでは

人との関係が苦しくなるのも無理はありません(^^;

 

 

出来事や人によって自分に湧き上がってくる感情は

全て自分のものです

 

湧き上がる感情の種が元々自分の中にあるから

その感情が生まれるのです

 

 

相手がどんなに酷いと感じたとしても

相手に意識を向け続けるより

 

自分の中の種を見付け癒やす方が

穏やかに生きる毎日へと繋がります

 

 

自分の感情の責任を自分でとって

人の感情の責任はとらない

というか、とれないのです

 

 

反対のことをしている限り

人間関係の苦しみは消えません

 

 

まずは「自分の感情を自分のものとして観る」

 

 

こうして

湧きあがる感情の責任を自分のものとして

対処できるのが

「素敵女子♡大人の教養」です(^o^)

 

 

 

さて、ではどうしたらいいか?ですが

 

相手の言動や態度や存在に

イライラしてしまう事ってありますね

 

相手が気遣いがなくて、自己中で

周りのみんながイライラしていたりしたら

 

湧き上がる感情の責任は

相手にあると思ってしまいますね

 

相手が悪いからイライラしてる!

相手が変わればイライラは消える!

 

でも、腹がたったとき よくみてみると

自分の持つ「正しさ」と反対のことを

相手がするからムカついているのですよね

 

 

例えば以前の私なら「遅い」人のことに

イライラしていました

 

私自身はテキパキ動作や行動していたから

遅い人の事を

「もっと先を考えて早く行動してよ」と思い

ジャッジしていました

 

 

私の中に遅いより早い方が優秀の価値観があったからです

 
 

これは私の母の価値観でした

 

幼い私はいつも「早くしなさい!」と言われ

手際が良くて短時間に沢山の仕事をこなせる母は

すごい!と思っていたし

母がみんなに褒められているのを見て育ちました

 

だから、「早さは優秀」の価値観のもとで

先を考えてテキパキしていたのだと思うのです

 

 

でも、本来のんびりが好きな私は

必死で頑張っていたと今ではわかります

 
 

だから

そんな私の正しさの価値観「早い方がいい」に

反する「遅い」人のことをジャッジしていたのです

 

自分に対して「ゆっくり のんびり」を許さずに

律していたから

相手も罰していたのですね

 

 

なので、イライラしてしまう時は

まずは自分の中の「正しさの価値観」に

気付いてくださいね

 

 

そして

「正しさ」があるなら「悪い」があります

 

自分が「悪い」と思うこと…

自分の正しさの対極にある価値観を使い

自分の価値観とバランスを取ってみてください

 

 

 

私の例で言えば「遅い」の良さを見付けます

 

・ゆっくりすると丁寧

・納得しながら進める

・心を込めてすることができる…

 

すると価値観がニュートラルになり

「どちらでもいい」となりますね

 

比較しなくなれば、ジャッジできません

 
 
 

「正しさ」を持っている限り

イライラすることは無くならずに心は揺れますから

平安ではないですからね

 

 

こんな風に頭の理解で超えられるものと

頭で理解しようとしてもイライラが止まらず

ジャッジが消えないものがあると思います

 

頭の理解で超えられないものは

感情を観て解いていかないとなりません

 

私の例でみるなら

「早くしなさい!」と言われ

ほんとうはゆっくりしたいのに

それを許されなかった幼い時の感情をみます

 

ゆっくりの私のままでいたらダメなんだと感じ

ダメと思われないように必死で頑張っていた私の

感情を感じることで

正しさの価値観は解かれて消えていきます

 

「早い」も「ゆっくり」も

それぞれの持つ個性 多様性を認められたら

楽になります

 

相手をジャッジし続けるより心は平安ですし

優しい社会ですね♡

 

 

「正しさ」の後ろにはこんな風に「痛み」が

ありますから

「正しさ」を使い相手だけでなく、自分のことも

ジャッジしていることに気が付きましょう

 

 

後ろに隠れている自分の「痛み」を癒せたなら

「正しさ」は緩んでいくのです

 

自分の感情には自分だけの物語があります

 

それがわかれば

人の感情の責任も取れないことがわかっていきます

 

 

相手がどう受け取るかは

自分には何とも出来ないのです

 

自分ができることは、精一杯の心遣いをして

誠実に関わるだけです

 

それでも相手の怒りをかうなら

誠実に対応し反省すべき事があれば真摯に謝り

今後に活かし

相手の感情の責任が取れないことを自覚し

自分を責めたり、恥じたりしなくていいのです

 

 

感情の責任は「怒り」だけではなくて

「悲しい」「寂しい」「不安」 も同じですよ

 

 

それらも自分のものとして、自分で埋めることが

できるのです

 

相手のせいにしている限り越えていくことは

できません

 

 

さあ

「自分の感情」の責任をとって

「人の感情」の責任をとらない

 

 

「素敵女子大人の教養」を身に着けましょう♡

 

 

多くの人が「感情の責任」について知るなら

もっと優しい社会になりますね

 

 

まずは新しい命を育む女性たちが優しくパワフルに

次の世代が安心して生きていける社会へと

変えていきましょう♡

 

 

 

愛を込めて

糸田 縁(ゆかり)

 

*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。.*.:~゚~-:.。

 
 
♡糸田縁のメルマガ♡
 
『欲ばり女神♡幸せのレッスン』に
 
登録頂いた方に
 
【ずっと愛される私でいるための7ステップ】を
 
プレゼントします♪
 
 
♡こちらをクリックしてね♡
    ↓ 
 
 

 

 
 
  
 

 

 

 

 

floweringセラピー®は

あなたの愛の扉を開きます

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー®

リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

 

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

ページトップへ