fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 心の痛み・悩み  >  不安な妄想を止めるには

不安な妄想を止めるには

ザキエル 千恵子

今日は。千恵子です。

今日から3月ですね。

大分寒さが緩み

日も長くなって、春の匂いがしてきました。

それだけで、なんだか幸せな気持ちになります♡

 

あなたは、妄想し過ぎて

不安や心配が倍増してしまったことは

ありませんか?

 

私はよくありました。

「私、絶対あの人に嫌われてる!」

と色々妄想して、それを信じ込んで

あとから全く違ってた、ということ

何度もあったな(*_*)

でも、こんな妄想力というか

想像力のお蔭で助けられたことも

ありました。

 

 幼い頃

親に怒られたり

冷たい態度をとられると

「私のお母さんは

どこか別なところにいる」とか

 

「今起こっていることは、ドラマなんだ。

最後にはハッピーエンドになるんだ。」

と、一生懸命想像しました。

 

今思うと

その時起こっていることが

子供の私には辛すぎたので

これ以上傷つかないように

心を守ったんだと思います。

 

これは

頭の機能(エゴさんと呼んでます)

のおかげ。

 

エゴさんは

幼い私が傷つかないように

想像、妄想を投げ込んで

私を現実世界から切り離してくれたのです。

 

いわゆる「エゴ」ってきくと

悪者扱いされることが多いけど

「想像・思考・妄想・・・」をすることで

私達が傷つかないよう守ってくれる

自分の中にいる

保護者のような存在なんですよ。

 

 

ただ、その妄想は、

大人になった私達にとって

ときに 「過保護・過干渉」

なものになります。

 

例えば

彼からメールの返事が来ない時

「他に好きな人ができたのかもね。

分かれた方がいいんじゃない?」 とか

 

やりたいことがあって、それが高額なとき

「お金なくなっちゃうよ?後で困るかもよ」 とか

 

少し華やかな服を着たいと思った時

「そんな恰好して目立ったら

みんなに嫌味を言われて傷つくよ」 

などなど。

 

エゴさんは

私達がまだ幼い子供だと勘違いして

心配のあまり色々な妄想の映像を

投げてくれます。

 

 

でもね、

それらは

 

すでに大人になった私達には

もう必要ないんじゃ

ないでしょうか?

 

 
 

だから

まだ起きてないこと対して

いろんな妄想をして

不安や心配が

やってきたら、頭に手をあてて

こう言ってあげてください。

 

「エゴさん、ありがとう。

私が傷つかないように

心配してくれているんだね。

 

でも、もう私は幼い私じゃないよ。

起こることは、ちゃんと自分で

受け止めることができるから。

 

私は、それだけ大人になったよ。

今まで寄り添ってくれてありがとう。」

 

あなたが、そう話しかけると

エゴさんも安心して、緩むことでしょう。

 

そして、不安や心配を引き起こす

妄想はとまるでしょう。

 

 

あなたの中にいる

ちょっと過保護な存在。

その存在を許しながらも

その妄想を全部信じる必要はないんです。

 

だって

あなたはもう小さい女の子じゃなくて

素敵な大人の女性として

ここにいるのですからドキドキ

 

あなたが愛で生きることを

応援しています虹

 

ブログ 「人生最後の鍵の見つけ方」

 

 

floweringセラピー®がお届けするメルマガで

本当に望む人生を見つけてください!

メルマガ登録下さった方に

<ありのままの自分を輝かせて生きるための7つのステップ>

無料プレゼントしています!

 

【メルマガ】ありのままの自分を輝かせて生きるための7ステップ

 
 

 

読者登録する

ブログ更新のお知らせをお送りします

 

 

 

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

ページトップへ