fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > floweringセラピー  >  「鏡の法則」が本当に映すもの

「鏡の法則」が本当に映すもの

ザキエル 千恵子

すっかり緑が眩しい季節になりました。

植物さん達はいつも季節の移り変わりを

知らせてくれる存在ですね。

 

 

鏡の法則、ってありますよね。

 

この解釈ですが

私は長いこと誤解していました。

「人は自分を写す鏡」と言われると

 

例えば

「嫌な人が現れて、意地悪をされる」

ということが起こると

→ 私の中に意地悪な面がある または

  私の心の状態が今悪い

→ だから反省して良くしよう

というふうに考えてしまいませんか?

 

これだと

私が悪いからだ

因果応報なのだ

反省しなくては!

 

と、自分を責める方へいきます。

どちらかというと、自分に厳しいやり方ですね。

 

私も以前はそう思ってましたし、多くの方が

今もそう解釈してると思います。

 

 

floweringセラピーでは、別の解釈をします。

 

「嫌な人が現れて意地悪をされる」

そんな時、自分の中にどんな感情があるか?を感じる

悲しい、辛い…と感じている

自分の中に「悲しい、辛い」という感情が

あるということに気が付く。

 

つまり、起こる出来事は

反省の材料ではなく

自分の中に、

どんな感情があるか?

を映しているという鏡になります。

 

人は自分の中のネガティブな感情の存在を

なるべく認めたくありません。

悲しいなんて、できたら感じたくないですよね。

それは、私も含め誰しも同じです(^^)

 

でも、起こる出来事を鏡として

自分の感情の存在に気が付いたら

意識的に

 

「私、悲しいんだ、辛いんだ」

「悲しいよね、辛いよね、そうだよね」

感じてあげることができます。

 

感情はエネルギーなので、感じれば

外に抜けて消えてなくなります。

 

逆に、「反省」の方へいくと

「辛い・悲しい」感情が抑圧されて

自分の心・身体の中に溜まってしまいます。

 

抑圧された感情は、積もり積もって

生き辛になっていきます。

 

 

真面目な私達は、つい反省や改善が大切!となりますが

それよりも、あなたの感情の手当てを

してあげてほしいのです。

(改善するとしたらその後です)

 

あなたの感情を、放置してほしくないのです。

あなたの中の感情を置き去りにしないで

やさしく寄り添ってあげてほしいんです。

 

そんなふうに

鏡の法則を使って

感情さんに気が付いてあげてくださいね。

その分、あなたは軽やかに生きていけますよ♪

 

 

あなたが愛で生きることを

応援しています虹

 

ブログ 「人生最後の鍵の見つけ方」

 

 

floweringセラピー®がお届けするメルマガで

本当に望む人生を見つけてください!

メルマガ登録下さった方に

<ありのままの自分を輝かせて生きるための7つのステップ>

無料プレゼントしています!

 

【メルマガ】ありのままの自分を輝かせて生きるための7ステップ

 
 

 

読者登録する

ブログ更新のお知らせをお送りします

 

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

ページトップへ