fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 自分軸を育てる  >  46年間連れ添った『寂しさ』という感情

46年間連れ添った『寂しさ』という感情

こころ愛結 こころ愛結

こんにちは

こころ愛結(めい)です

 

先日、訪れた八王子の小宮公園です

 

うぐいすの鳴き声や小川のせせらぎに

癒されました~(^^♪

 

 

 

豊かな森の中に身を置くと

人の手では癒されない部分が

きれいになっていくことを感じます

 

こんなことを体感として

感じられるようになったのも、

実は最近のことなんです

 

神社や、森に足を運んでも

おしゃべりに没頭していたり、

考えごとばかりしていたから、

 

自然の豊かさを感じとることが

できていなかったんですよね

 

考えること と

感じること は、同時にはでないから

 

おしゃべりに没頭しながら

『自然の豊かさを感じる』ことは、できません

 

 

過去のわたしは、

自然の中に身を置くことに

恐れを感じておりました

 

森の中にいると

『寂しさ』を感じてしまうから

「こんな場所、寂しいな~」って

逃げ出したくなっていたんです

 

物心ついた時から

この『寂しさ』はありましたね~

 

好きな人と一緒にいても

「これもいつか終わってしまうんだな…」と

寂しさにフォーカスしていたし

 

飲み会で楽しく盛り上がっていても

「これが終わったら、また独りだな…」と

思ってしまって、

 

それを必死に振り払うように

お酒を飲んで忘れようとしていました

 

ある時は、映画館に通い詰めて

物語の感情に酔うことで

自分の寂しさを感じなくて済むように

していたし

 

ある時期は、ゴルフのレッスンに通って

ゴルフのスコアを上げることに没頭することで

“充実しているわたし”を

必死に維持しようとしていました

 

いつも、いつも必死だったんです

緩まることはありませんでした

 

一旦 緩んでしまったら、

『寂しさ』に押しつぶされて

何もできなくなってしまいそうで

怖くて怖くてたまりませんでした

 

そして皮肉にも、

『寂しさ』から解放されると思った

結婚生活によって

さらに『寂しさ』は見せられました

 

もう逃げることができなくて

どうしていいかわからなくなった時

floweringセラピー®に出会えたのです

 

 

このセラピーで46年間連れ添ってきた

『寂しさ』を少しずつ癒やしていくことが

できました

 

そしたら、

感じられていなかった目の前の豊かさや

人の優しさを受け取ることができるように

なったのです

 

それに『寂しさ』は

わたしだけが感じていたものでは

なかったことにも気がつきました

 

『寂しさ』は

潜在的にみんなが持っているものです

 

潜在的にはみんな

『愛で繋がりたい』と思っています

 

愛と切り離されては生きられないことを

知っているんですもん

 

だけど、愛で繋がりたいなら

一人一人が自分の『寂しさ』を

しっかり感じきる責任あるんです

 

『寂しさ』も感情ですから

感じきれると『愛』や『愛おしさ』に

変わります

 

感じきれば感じきれるほど

自分自信との信頼関係が強くなりますよ

 

ゆらがない自分、

動じない自分が育ってきます

こうなると、迷いがなくなるんですよね~(^^♪

 

わたしも今では

『寂しさ』があったから

セラピストの道を歩けているんだな~と

思っています

 

「『寂しさ』さん、

 わたしをここまで導いてくれて

 ありがとう」と、

心から言えるわたしになっています

 

寂しさをなんとかしたいなら

floweringセラピー®の主催する

ワークショップへご参加くださいね

 

『寂しさ』が愛おしさや優しさへ変わる

プロセスがわかっていただけるかと

思います

 

『寂しさ』を『愛』に変えて

愛の循環の中で生きる人生へと

シフトしていきましょう(o^―^o)ニコ

 

こころ愛結

 

 

こころ愛結のメルマガ

『嫉妬から自由になるための7ステップ』

プレゼント中

登録はこちらから↓↓

 

 

 

 

 

floweringセラピー®は

あなたの愛の扉を開きます

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー®

リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

 

 

おすすめ記事

この記事を投稿したセラピスト:
こころ愛結
こころ愛結

コメントは受け付けていません。

ページトップへ