fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 恋の悩み  >  別れた彼のことが忘れられない

別れた彼のことが忘れられない

和田光平 和田光平

普段は自分を生きれていて

仕事も充実していて十分幸せなのに

ふと

別れた彼のことが頭をよぎると

そこから妄想ざんまいになって抜け出せなくて苦しい

そんな相談をよく受けます

 

「LINEブロックされてるのに

 どうしても気になってしまう・・・」

 

「まだ彼は 本当は私のことが

 好きなんじゃないか・・・」

 

「私が変わったら

 またやり直せる気がする・・・」

 

そんな声が頭の中で止まらないときって

気が付くと 1時間 2時間が過ぎ去っていて

妄想とはわかっていても

苦しさからなかなか抜け出せないもの

 

しかし こうやって妄想が止まらないのはしんどいですし

何よりも 命と切り離されていますから

早く妄想から抜けて今ここに戻ってきて

生き生きと自分の命を生きれたら素敵ですよね

 

今日は

この思い癖から抜け出る3つのポイント

というお話をしていきますね

 

 

1 好きを認める

癖から抜け出す第一歩は

自分の状態を認めること

 
「彼がまだ私を好きに違いない!」って

みなさん口を揃えて言うのですが

これだけ彼のことを思い出すのですから

「私が彼のことが好き」

ここを認めるのです

 

『好き』っていうことそのものは

全然悪いことではありません

 

あなたの中にある愛を映し出してくれる存在に出会えることは

とても貴重なことですから

『好き』っていうエネルギーを抑圧することは

健全なことではありません

 

「『好き』っていう気持ちを味わらせてくれてありがとう」

と 彼に感謝を捧げましょう

 

そのうえで↓

 

2 求めている私に気が付く

「私は彼が好き」

ここを認めても 苦しいのだとしたら

ただ『好き』であるだけではなく

彼に何かを求めている兆候です

 

理想なら

もしあなたの夢が叶うとしたら

彼に どうして欲しいのでしょう?

 

一度紙に書き出してみると

あなたと想いとの間に距離ができて

ちょっと楽になりえます

 

彼に何かを求めて期待し続ける限り

他人軸の状態から抜け出すことができません

 

しかし 他人軸から抜け出すには

何を求めているか?を

明らかにしなくてはならないのです

 
そしてさらには

彼との間で 過去やり残した感情があるために

彼のことを思い出してしまうことも多いので

お近くのセラピストのもとで

感情解放のワークに取り組むこともオススメです

 
今はもう連絡がとれない彼に

言い足りなかったことや想いが残っていると

つい彼を思い出してしまって

自分軸にシフトするのが難しいですから

『何を求めているのか?』と『感情』のワークはとても重要です

 
いろいろ取り組んだうえで

最後は↓ 

3 問いと向き合う

彼に関する古い感情が消化されて

ある程度 癖を手放す準備ができたならば・・・

この問いに向き合ってみましょう

 
『あなたは

 彼が一緒に今ここにいてくれなくても

 ここにいることを選択しますか?』

 
これは あくまでも

彼を思い出す癖を振り切る最後のステージにいる人に向けてのセンテンスです

 
彼が

あなたと一緒にいてくれなくても

あなたは あなたの人生を生きる覚悟がありますか?

 
と 言い換えてもいいです

 
彼がいなくても

私は 私の命を生きる

 
ここのコミットがしっかりと固まったとき

彼軸からの卒業が見えてきます

 
そして

このスタンスがしっかりできたとき

新しい愛の扉が開く準備ができた

と言ってもいいのです

 
 

 

 
さて今回は 

別れた彼をつい思い出してしまう癖を抜け出したい

そんな人への話でした

 
最後に

ひとりでお辛いときは

どうかお近くのセラピストをお訪ねください

 
みんな同じような道を辿って

自分を愛する習慣を取り戻してきましたので

あなたの親身になって相談に乗ってくれるはずです

 
では 

愛し愛されるパートナーシップを実現したいと願うあなたに

愛と祝福をこめて

光平

 

 

floweringセラピー®がお届けするメルマガで

本当に望む人生を見つけてください!

メルマガ登録下さった方に

<ありのままの自分を輝かせて生きるための7つのステップ>

無料プレゼントしています!

 

【メルマガ】ありのままの自分を輝かせて生きるための7ステップ

 
 

 

 

 

読者登録する


ブログ更新のお知らせをお送りします

 

 

 

 

 

おすすめ記事

この記事を投稿したセラピスト:
和田光平
和田光平

コメントは受け付けていません。

ページトップへ