fbpx

Blog
~本当の自分で輝いて生きたいあなたへ~

HOME  >  Blog > 今ここにある  >  初めて感じる人のぬくもり

初めて感じる人のぬくもり

泉谷 陽子 泉谷 陽子

floweringセラピー®清里高原リトリートが 終了しました

 

初日は初参加のみなさんは緊張されていて

そして 時に抵抗も湧くようですが・・

そこからの最終日

 

必ず愛のギフトがやってきます

 

みなさんが 心の殻を打ち破って

愛に開いていく姿を見るたびに

 

わたしたちはんな 愛の存在なんだ

 

ということ教えられ

主催する者として なによりの素敵な贈り物を頂きます

 

みなさんの 勇気と素直さに拍手!

 

今回もとても 愛溢れる3日間となりました❤

 

 

頂いた感想をご紹介しますね

初参加の方から・・

 

 ♡ ♡ ♡

 

参加できて本当に良かったです。
とてもとても素晴らしい体験に感謝です。

今ここの愛を初めて体感したように思います。
3日間すべて愛でした。
喜びも悲しみもとても美しく、
人をもっと好きになりたいと思うようになりました。

男性もいらっしゃり、男性の愛も目の前で見て感じて、
こじらせて男性を見ていた目線が変わりました。
また男性を信じたいと思えました。

リトリートの後、
人を愛する気持ちがすごく自分の中に入って
心地良くなっています。

愛を感じることに、恐れがなくなってるようです。

 

 ♡ ♡ ♡

 

日常の役割から離れて、一人でリトリートに参加できたことは
本当に貴重で幸せな体験でした。

幸せなんだけど、緊張と不安でいっぱいの私を、
今ここにいる陽子さんと光平さん、認定セラピストのみなさん、
参加者の方たちは、あたたかくやさしく支えてくださいました。

ここまで人のぬくもりを感じることは、
今まで40年も生きてきたけど、なかったと思います。

 

 ♡ ♡ ♡

 

そしてリピーター参加の方からは・・

 

 ♡ ♡ ♡

4回目のリトリートですが、
毎回違った味わい深さがあります。
今回はダンスのワークで思いっきり動けた事がとても幸せでした。
命が躍動している感じでした。
私の命はこんなにもダイナミックで大胆なんだ、という事が分かり、
インナーダンスでは嬉しくて涙が出ました。

(上原春日さん 30代)

 

 

自分に寄り添ってきたと思っていましたが、
私は私を放置していました。
拗ねていた自分に気づきました。

私は私自身と、一緒に居たかったんだ、と気づいたとき、
自分にごめんねと、涙してました。
そして、いつも愛されていたことに気がつきました!

リトリートを終えて
とってもしっかりと地に足がついている、感覚があります。
フルート の先生が
「リトリートから帰ってくると、毎回音が変わるね!
 すごく優しい音に変わってる!」と喜んでくれました。

floweringセラピー
やっぱり大好きだわぁ♡

(張知春さん 40代)

 

 ♡ ♡ ♡

 

何度か参加していますが
今回ほど愉しかったことはなかったです。

帰りの駅で”声が変わった、声のトーンが上がった”と
変化を教えてもらいました。

帰宅して母に声をかけたら
”わたしの言葉を受け取ってくれた”感覚があり
わたしはやっと自分を受け取ることできたんだと
嬉しくなりました。

わたしの内側の”愛”が
氷のように外側から固められている所を
溶かし始めてくれているようです。

(村上智子さん 40代)

 

 

 

男性が2名参加くださったのですが

男性の告白も 見守る女性にとって

愛に気づく体験となりました

 

傷ついているのは女性だけではない

男性も男性なりの 愛があって

それがうまく伝えられないことに

苦しみを抱えていること

 

もっと愛したい

 

そんな想いは 男性も強く持っておられるようです

 

 

 

途中 離れた牧場から
牛さんたちが脱走してくるということがありました

 

そして外のワークの時 

牛さんたちの落とし物を踏んでしまう・・

なんていう なかなか体験できないハプニングもありました

 

そんな貴重な体験をされた方の感想です^^

 

 ♡ ♡ ♡

 

自然はいつも、
わたしたちに今ここへの招待状を送ってくれていることを、
周りの人がシェアしている間、客観的に感じることができました。

今ここへ戻れるように 絶妙なタイミングで風が吹き、
鳥のさえずりが聴こえてきて、
助けてくれている。
なんてあたたかいのだろう、と感動しました。 

起こすことは出来なくて、
起こすのではなく起きる、
ということも体験として学べました。

最終日は天気にも恵まれ、朝の散歩での体験は驚きでした。
自然の中で声を出して泣くなんて。
自然の優しさに触れながら安心して泣いていたように感じます。
あたたかい涙でした。

毎回違う味わいがあるのも、
リトリート参加が病みつきになるひとつですね。

(高橋潤さん 40代)

 

 

初日は雨で靄(もや)の中だったのが

 

最終日には 澄んだ空気のなか

富士山がくっきりと見えました

 

 

 

同じ場所でも お天気で全く違う印象になります

 

人もそうですね

ネガティブにまみれている時と

愛に溢れている時では

全く違うけれど

 

どんなものも愛おしい存在です

 

 

 

生きている歓びが溢れている後ろ姿に

思わず写真を撮らせていただきました

 

過去の哀しみを思いっきり吐き出した後だからこそ

感じ取れる 生きている というリアリティ

 

 

いつも 今ここに

空があり

大地がある

 

その間で生かされているわたしたち

 

頭のこだわりを手放して

感情を解き放ちてこそ

 

ゆだねて受け取れる

 

 

今ここにある愛

 

 

その世界にきたとき

 

愛している

 

という言葉が 自然と湧いてきます

 

 

 

 

この愛に触れたそれぞれが

日常で

自分を愛して

周りの人を愛して

そして 自然や地球を愛して

 

愛の循環がひろがっていきますように♡

 

 

参加くださったみなさんの

愛と勇気に敬意と感謝を

 

 

そして これを読んでくださっているみなさんとも

リトリートの場をいつか共有できますように

 

 

次回開催は 12月5日(土)~7日(月)

ただいま 参加者募集中です!

 

リトリート in 八ヶ岳・清里高原  

 

 

 

 

 

 

floweringセラピー®がお届けするメルマガで

本当に望む人生を見つけてください!

メルマガ登録下さった方に

<ありのままの自分を輝かせて生きるための7つのステップ>

無料プレゼントしています!

 

【メルマガ】ありのままの自分を輝かせて生きるための7ステップ

 
 

 

 

 

読者登録する


ブログ更新のお知らせをお送りします

 

 

 

 

 

おすすめ記事

この記事を投稿したセラピスト:
泉谷 陽子
泉谷 陽子

コメントは受け付けていません。

ページトップへ